​「春水たより232021年1月1日 より抜粋

時間の流れ

 日 常 の 今 日 も 明 日 も 同 じ 一 日 、大 晦 日 も 元 旦 も 同 じ 一 日 の は ず で す が 、 し か し 、 そ こ に は 明 確 な 違 い が あ り ま す 。

 「 時 間 」 に お け る 区 切 り や サ イ ク ル は 、 本 当 に 大 切 だ と 思 い ま す 。そ の よ う な 区 切 り が あ れ ば こ そ 、「 当 た り 前 の 一 日 は 、 け っ し て 当 た り 前 の も の で は な く 、 本 来 、 と て も 貴 重 な も の で あ る 」 と い う こ と に 気 づ く こ と が で き ま す 。や は り 人 生 の 充 実 は 、 時 の 区 切 り や サ イ ク ル を 重 ん じ る こ と で 、 も た ら さ れ る の で は な い で し ょ う か 。

 そ の 意 味 で は 、 近 年 、 と み に 「 正 月 色 」 が 薄 ま っ て き て い る の は 、 由々 し き こ と か も し れ ま せ ん 。「 一 年 の 計 は 元 旦 に あ り 」 と 申 し ま す 。 ぜ ひ 、 こ の 正 月 に 思 い を 新 た に し 、こ の 一 年 を 素 晴 ら し い も の に し て い き た い も の で す。

 

未来館年長組

 二月八日に行なう審査は入門してからの 稽古した姿勢を見ます。技の出来不出来 よりも立ち方、座り方、正座の姿勢、相 手との間合、座礼が整っているかを重視 します。単独で行なう転換、反転受け身、 膝行、正面打ちの形、後方回転受け身、 前方回転受け身、受けを相手の片手取り転換、また、座技両手取り呼吸法、正面 打ち入身投げが出来れば上出来です。

 入退場時正面に向かっての礼、出席簿 の署名、進行リーダー役、稽古が済み道 衣をたたんで終うことも出来るようになりました。審査まで丁寧に仕上げていき ましょう。帯の締め方はまだ難しいが挑戦している子もいます。もう少しですね。

 

少年部

 教わる時は、まっさらな気持ちで、まず指導者のいうこと、手本を素直に受け 入れる。疑問からはいるのではなく、まず素直に受け止めて、相手のことをよく 見て、それでうまくいかない時には初め て「なぜ出来ないのだろう」とかんがえ る。「なぜそうするにか」ばかりが先行し て、説明が多くなりすぎては稽古もなか なか進みません。あまり頭で考えず、よく見て、そのまま素直に真似をするということから入る方が、技を稽古する回数 も増え、必然的に上達へとつながる ものです。

 

成年部

 確かに一つ一つの技に、それぞれ手刀のうごかしかた、つかみ方、握り方、足の運び、 タイミングなど細かな要点はあります。それ らを最初から全て覚えて、すぐに出来るよう にするのは、簡単なことではありません。

 部分部分ではなく、まずは技の全体像と流れをつかみ取る。間合いがあって、相手の攻撃を入身・転換の体捌きを活かして捌いて相 手を崩し、呼吸力を活かして、導いて投げる、 かためる。それを繰り返しているうちに、それぞれの枝の細かなポイントが見えてくる はずです。そこを指導者がどのように行なっているか、さらによくみて、また稽古に反映 させて自分のものにしていく。そして指導者は、基本に忠実な技、そして質の高い手本を 示すために研鑽を積まなければなりません。

 教わる人は「教わる」という受け身の姿勢 ではなく、「吸収する」「学び取る」という姿 勢。そして指導者は「教える」というよりも、 良いものを「 示す」 事と、学ぶ側を「導く」事が理想です。

毎日の稽古は、新しいことを吸収するために 自分を真っ白にする時間でもあります。気持ちをあらたにして日常生活に戻っていく。普段の生活ではなかなか得られない体験です。 それが稽古する方の人生を豊かなものにしてくれるでしょう。

​「春水たより242021年1月18日 より抜粋

合気道と健康

 武道は昔から一種の健康法より出発して、 自己防禦の闘技となり、更に進んで武道とし て永く一般の人々に愛好されているものが 非常に多い。ここにいわゆる健康法とは、予 防医学的立場におけるものを指すのであっ て、体を適度に動かすことにより、それが天 地自然の理に適っておりさえすれば、全身の 調子をよりよく保ち、みだりに病に冒されな くなってくるのである。

 まず第一に、合気道の基本的力とも言うべ き呼吸力は、腰を起点として腹から力を出す ことに努めるのであるが、それは自然他の 隅々の硬直した力をなくすことであり、全く 安定した態勢のもと、年齢の差別なく、まこ とに柔軟な体格をつくる基にになるもので ある。

 第二に、腰を基点としての球体運動は、そ れが静止した場合、正三角四面体の安定した 態勢であればある程、人体の中心ともなるべ き骨格、殊に脊髄等の矯正に役立つことは、 幾多の事例をみてあきらかである。

 第三に節々の血行をよくしたり、普段全く 使用していない裏筋肉等に適当な刺激を与 えたりして、健全な身体を作り上げていく、 合気道の独特の細かい動きは、その一部分だ けを見ても立派な健康法になっているので ある。例えば、座技において膝行する場合、 必ず爪先を立てることを常例としているが、 靴を履く近代人にとって、最も運動不足な足 の指を種々動かすことは、それだけでも一つ の健康法になると言い得るであろう。 また、第一教(腕おさえ)第二教(小手まわ し)第三教(小手ひねり)等の固めはみなす べて裏筋肉に刺激を与える技法であって、固 め技の中の関節技は、間接に溜まったごみを 取るものであり、体の局部的健康法であると 開祖は語っている。

 

 合気道はもとより武道であり、武道として 鍛錬する中に立派な健康法になっているの である。

​「春水たより252021年1月24日 より抜粋

互いの「ひびき」の交流がお辞儀の意味

 昔 は 「 江 の 島 お 辞 儀 に 二 度 返 事 」 と い い ま し た が 、 膝 を 曲 げ て ぺ こ ぺ こ す る お 辞 儀 と 、「 ハ イ ハ イ 」 と 軽 く 二 度 答 え る 返 事 の こ と で 、 ど ち ら も 相 手 へ の 敬 愛 の 心 が 欠 け て い る こ と を 意 味 し て い ま す 。 形 だ け の 礼 と 、 一 度 だ け で あ っ て も 心 を 込 め た 礼 と 、 ど ち ら が 相 手 の 心 に 響 く か と い う こ と に な り ま す 。 こ の よ う な 心 を 込 め た 礼 に 、 も っ と 洗 練 さ れ た 形 を 知 る こ と が で き れ ば 、 さ ら に 心 に 響 く も の と な り ま す 。

 武 道 に お い て は 、「 礼 に 始 ま り 礼 に 終 わ る 」 と い う 教 え が あ り ま す が 、 こ の 教 え に も 間 違 っ た 解 釈 が あ り ま す 。 始 め と 終 わ り に お 辞 儀 を す る こ と だ と 思 っ て い る 人 が 多 い の で す 。 し か し 、 そ れ は 単 に 始 め と 終 わ り に お 辞 儀 を す る と い う だ け の 意 味 で は あ り ま せ ん 。 例 え ば 先 生 に 対 し て 稽 古 を 求 め る の で あ れ ば 、 稽 古 の 中 に 、 そ の 先 生 に 対 す る 礼 と い う も の が 常 に あ っ て 、 全 身 全 霊 で ぶ っ か っ て い き 、 そ し て 稽 古 の 最 後 に は 、 心 か ら 「 有 難 う ご ざ い ま し た 」 と い う 挨 拶 が で き る 、 そ の よ う な 稽 古 で な く て は な ら な い のです。

​「道場の作法 21」2021年2月

「挨拶」に「答礼」を要求する不作法 答礼が得られなかったら基本的には 挨拶の失敗なのです。挨拶とは、出会う相手のことごとくに大声で「こんにちは」と声をか ければよいというような単純粗雑なものでありません。時と場所と場合、相手と自分との関 係を無視したような画一的な挨拶は非礼になるのだということをわきまえなければなりま せん。「黙礼」という慎み深い、気配りの効いた作法があるのです。人間とは時と場合によ って、このようなデリカシーの効いた作法を使い分けることが出来なければなりません。

​「春水たより272021年2月15日 より抜粋

道風
 正座は精神を集中し、頭を使う仕事に適しているとされています。
 足の親指だけを重ね、跪座で作られたのびのある上体を静かに据えます。腿が短く見えるようやや前傾します。
 昔は尻の下に紙一枚挟めるようにと教えました。膝頭は、女性はできる限りつけるようにします。つけたほうが背筋が伸びます。すこしでも開くと腰が落ちがちとなり、腿の筋肉が不自然となります。男子も、開いても拳一つどまりとした方が、構えが生きてきます。動への転換を含む働きを内蔵するからです。
 跪座で正しい姿勢が出来ていても、正座までの僅かな動きの間に、姿勢を崩してしまうことがよくあります。常に構えを崩さないことを意識する稽古によって、初めて正しい姿勢が会得できるのです。

正座の効能
 正座は、事務的な仕事をする下級武士の間から、事務能率や、対応の必要に応じて生まれたと言われています。それがしだいに上級武士にまで広がり、日本特有の正座として完成したとされています。確かに、脳生理学者の時実俊彦教授も「よろめく日本人」の中で「もっとも頭の回転の良くなる姿勢、物事を記憶する時に一番よいのは歩きながらであるが、次には日本式の正座で、全筋肉の緊張が旧脳を刺激し、その刺激が理性や記憶を支配する新脳を刺激するので、好ましい姿勢である」といっています。
 碁や将棋でも、難局を迎えると胡座から正座に座り直しているのを見かけます。子供たちも真剣に取り組もうとするとき、いつの間にか正座していることがあります。(先日の審査の時もでした)これも生活の知恵、経験に基づくもので、それだけに正座の必要性がうかがわれます。
 正座は足が「しびれる」といいますが、これは頭の回転にはよいということに繋がっています。しかし「痺れる」のは座り方が悪いこと、また大腿の筋肉が弱いということでもあります。正しい姿勢に影響を及ぼす大腿を日頃鍛錬していないと直ぐに痺れてしまうのです。大腿筋、臀筋、腹筋、背筋は常に鍛えていることが大切です。

​「春水たより292021年3月3日 より抜粋

「心 と 体 は つ な が っ て い る」 

 ど ん な 心 で も 形 ( 体 } に 表 れ ま す し 形 ( 体 ) は 心 に 影 響 し ま す 。

 こ の 世 を 生 き 抜 く た め に は 、 ス ト レ ス や 不 安 に 負 け ず 、 何 事 に も 動 じ な い よ う 、 心 を 強 く 持 つ こ と が 必 要 で し ょ う 。 た だ 、 心 を 強 く 持 と う と 思 っ て も 、 実 際 に は な か な か む ず か し い も の 、「 体 は 心 に 影 響 す る 」 の で す か ら 、 先 に 体 を 強 く す る と い う の も 一 つ の 方 法 で す 。

 ま ず は 、 体 の 「 芯 」 を つ く り ま し ょ う 。

 体 の 芯 を つ く る 際 に 大 き な ポ イ ン ト と な る の は 、 体 幹 。 体 幹 と は 、 深 層 筋 ( イ ン ナ ー マ ッ ス ル ) の こ と で す 。 深 層 筋 に は い く つ か あ り ま す が 、 そ の 要 は 、 腰 眼 ( 第 五 腰 椎 の 左 右 の あ た り 、) か ら 腿 の 付 け 根 に 及 び 、 上 体 と 下 肢 を つ な い で い る 「 大 腰 筋 」。 小 笠 原 流 の 弓 術 、 弓 馬 術 、 礼 法 で は と く に 大 腰 筋 を 重 視 し て い ま す が 、 そ の ほ か の 武 道 を 行 な う 人 た ち も 動 作 の 要 と し て 使 っ て い ま す し 、 そ の ほ か あ ら ゆ る ト ッ プ ア ス リ ー ト や ト ッ プ ダ ン サ ー 、 能 楽 師 の か た が た も 意 識 し て 鍛 え て い る 筋 肉 で す 。

 こ の 大 腰 筋 が し っ か り と 鍛 え ら れ 、 力 が 入 る よ う に な れ ば 自 ず と 腹 が 締 ま り 、腰 も 入 っ て 脊 柱 を 支 え 、 体 全 体 が 力 学 的 に 安 定 し ま す 。 ま さ に 、「 芯 」 が し っ か り し て い る 状 態 。 と い う こ と に な り ま す 。

 「 立 つ」「 坐 る」「 歩 く」 こ れ ら は 、 ご く 当 た り 前 の 事 と し て そ の 姿 勢 や 動 き が 正 し い か 、 そ う で な い か を 意 識 し て い る 人 は 多 く な い よ う で す が 、 体 の 芯 を つ く る 上 で は 非 常 に 重 要 で す 。 正 し い 姿 勢 に 伴 う 正 し い 動 き は ど う す れ ば よ い の か を 日 々 稽 古 し 、 習 得 す る 事 で 体 幹 が し っ か り し て く る の で す 。 ご く 当 た り 前 の こ と を 正 し い 動 き と し て 稽 古 を 始 め る と 大 変 疲 れ ま す 。 慣 れ な い う ち は 、 非 常 に き つ い で し ょ う 。 し か し 、 そ う し た 稽 古 を 日 々 続 け る こ と で 、 体 の 芯 が 出 来 て く る だ け で な く 心 に も し っ か り と し た 芯 が で き て く る の で す 。

 

基 本 姿 勢  立 つ

 小 笠 原 流 礼 法 の 基 本 中 の 基 本 で あ り 、 す べ て の 動 作 の 始 ま り と な る 姿 勢 で す 。 立 ち 姿 は 、 そ の 人 の 第 一 印 象 を 決 め る も の 、 少 々 自 身 が な く て も 、 立 ち 姿 が 正 し け れ ば 一 目 置 か れ る で し ょ う * 。 ポ イ ン ト は 、 無 駄 の な い 姿 勢 で あ る こ と と 、「 中 心 を 意 識 す る こ と で す 。

 * 背 す じ は 、 身 長 を は か る イ メ ー ジ で ま っ す ぐ 伸 ば す 。

 * 重 心 は 頭 の 重 さ が 土 踏 ま ず に 落 ち る よ う な イ メ ー ジ

 * 手 は 力 を 入 れ ず に 自 然 に お ろ す 。 指 を 揃 え 、 手 の ひ ら を や や く ぼ ま せ 、 軽 く 太 腿 に お く

 * 両 足 は 平 行 に 。

 * 床 に つ い た 足 で 重 心 が 掛 か る の は 、 両 足 の 土 ふ ま ず の 前 部 あ た り に 位 置 す る よ う に し て 、 体 重 を 両 足 に 均 等 に か け ま す 。

 こ れ が 骨 格 を 崩 さ ず 、 い つ で も 動 き 出 せ る 正 し い 立 ち 方 で す 。 両 足 の か か と を つ け 、 つ ま 先 を 開 い て ハ の 字 に し て 立 つ と 重 心 が か か と に 乗 り 、 体 が 後 ろ に 反 っ て し ま う た め 、 俊 敏 に 動 き 出 せ ま せ ん 。 ま た 、 利 き 足 に 体 重 を 乗 せ て 立 つ ク セ が つ い て い る 人 も あ り ま す が 、 こ れ で は 骨 格 が ゆ が み 、 腰 痛 や 股 関 節 痛 を 招 い て し ま い ま す 。 礼 法 に 則 っ て 立 つ 、 坐 る 、 歩 く を 行 な え ば あ え て 運 動 を し な く て も 体 幹 や 尻 、 太 も も な ど 鍛 え る 事 が 出 来 ま す。

​「道場の作法 22」2021年3月

言葉と握手は「目上から目下へ」

 我が国の海軍の士官たちは陸軍士官に比較しスマートだったと言われる が、海軍兵学校では、軍人であるより先にまず世界に通用する紳士でなければならないと、英国から人を招いて紳士教 育を行なっていた。急用の場合を除き上官に対して声をかけることを禁じている。礼の古典「礼記」でも、子供たちに 道で出会った目上に対し「挨拶」せよとは言っていない。道で先生に出会ったら小走りにそばへ行け、行ったら拱手礼 をして待て、用を命じられなかったら急いで去れ、といっている。握手の場合も目上からの場合は、手を「与える」こ とになるが、目下から手を出すことには、「要求」の趣が出てくるのだ。

​「春水たより302021年3月7日 より抜粋

基 本 姿 勢  立 つ Ⅱ

  手 や 首 に 注 意 を 向 け ま し ょ う 。

 「 手 は 横 、 中 指 は ズ ボ ン の 縫 い 目 に そ わ せ る」 と が No.30 2021 年 3 月 7 日 合気道春水道場三由敏雄 横浜市青葉区鉄町 1763-2 090-1463-3235 No2075 実 は 不 自 然 な 姿 勢 に な っ て い ま す 。 正 し い 手 の 位 置 は 、 骨 盤 で 背 骨 を 支 え て 立 ち 、 手 を ぶ ら ぶ ら さ せ て 自 然 に 止 ま る 処 で す 。 す る と 、 手 は 横 で は な く 少 し 前 で あ る こ と が 分 る で し ょ う 。 指 先 を 揃 え 手 の ひ ら は 、 顔 を 洗 う と き の よ う に 、 や や く ぼ ま せ る よ う に す る と 手 元 が 美 し く み え ま す 。

 ち な み に 、 手 を 前 で 組 ん で 立 つ 姿 が 正 し い と す る 考 え 方 も あ る よ う で す が 、 上 半 身 の う ち 、 脳 か ら 最 も 遠 い 手 を 組 む と い う 行 為 は 、 不 安 か ら 逃 れ よ う す る 心 の 表 れ で す 。 そ の 結 果 、 緊 張 感 や 集 中 力 を な く し て し ま う の で す 。

 ま た 、 手 を 前 で 組 む と 肩 が 前 に 入 り ま す 。そ れ は 、骨 格 の 構 造 上 、 か な り 無 理 な 姿 勢 を 強 い る 事 に な り 、 体 の ゆ が み の も と に な り か ね ま せ ん 。

 首 は 、 耳 た ぶ の 延 長 線 に ち ょ う ど 肩 が 来 る の が 正 し い 位 置 で す 。

 パ ソ コ ン な ど 操 作 す る 時 間 が 長 く な る と き は 気 を つ け ま し ょ う 。肩 こ り や 頭 痛 を 招 く 事 に な り ま す 。

 立 つ と き は 、 内 腿 ~ 体 幹 を使 い ま す 。 最 も 、 こ れ ら の 筋 肉 は 意 識 的 に 使 う こ と が な か な か 出 来 な い の で 、 気 持 ち を 腹 に 置 い て 「 こ こ が 自 分 の 中 心 で あ る 」 と い う 構 え で 立 つ と 良 い で し ょ う 。 普 段 、 意 識 は 頭 や 胸 な ど 上 半 身 に 向 き が ち で す が 、 体 を 動 か す ときには腹に下すことがが 危 険 回 避 の た め に も 大 切 で す 。 よ け い な 事 を 考 え た り 思 っ た り し て い る と 、「 隙 き 」 が で き ま す 。 腹「 丹 田 に 少 し 力 を 込 め て 立 つ」 こ と を 意 識 し 続 け る と 次 第 に お 腹 周 り が 引 き 締 ま っ て き ま す 。

​「春水たより312021年3月14日 より抜粋

基 本 姿 勢  座る

  生活スタイルの欧米化によっ て、もはや、正座は必要ないので は?と思う人も少なくないでし ょう。だからこそ、いざというと きに正座ができると一目おかれ、 「きちんとした人」というイメー ジを周囲に与えます。とくに「座 る」は休む姿勢だと勘違いされが ちですが、立つ姿勢と同様に自信 に満ち、礼節をわきまえた人間で あることを周りに示したいもの です。

 正座は胡座や横座りなどより ずっと体に無理がなく、正しくす わると、しびれにくくなります。 また、全身の血の巡りがよくな り、脳に血液や酸素がじゅうぶん 行き渡るため、集中力が高まるは ずです。

 

正座のしかた

 *女性は膝頭を閉じ、男性は膝頭 を握りこぶしひとつ分開く。腰か ら背筋をまっすぐにして座る。両 手は少し膨らみをもたせて指を 揃え、太ももの上に自然に置く。

 *かかとを開き、寝かせた足の上 に尻を乗せる。足の拇のみを重ね る

 

 正座を続けることで内股の筋肉が 鍛えられ、足首が柔軟になってケガ や捻挫をしにくくなります。1日5 分でも、あえて正座をして過ごすよ うにすると良いでしょう。正しい姿 勢をキープすれば、足がしびれにく くなります。続けることで30分、1時間と続けて座っていられ、徐々 に楽になってくるはずです。

​「春水たより422021年6月13日 より抜粋

少年部に伝える武道場作法

 

二 十 一 、 約 束 に つ い て

約 束 は 必 ず 守 れ そ う も な い 約 束 は す る な 。 守 れ な か っ た と き は 、 ど ん な 小 さ な 事 で も 詫 び よ 。 重 大 な 約 束 を 両 親 に 相 談 な く か わ す な 。

 

二 十 二 、 心 配 事 に つ い て

 ま ず 親 に 相 談 せ よ 。 親 が 無 理 な ら 師 に 相 談 せ よ 。 学 校 に 何 で も 相 談 で き る 先 生 を さ が し て お け 。 必 ず い る 。 頼 り に な る 本 当 の 友 達 を つ く れ 。 困 っ た と き に 読 む 書 物 を も て 。 自 分 で さ が せ な い な ら 師 や 学 校 の 先 生 に 聞 け 。 友 達 に 聞 け 。 本 が な か っ た ら 空 や 、 山 や 、 海 や 、 草 花 に も 聞 け 。 草 や 、 木 や 、 虫 や 鳥 は 仲 間 。 太 陽 は 命 の 親 だ 。

 

二 十 三 、 暴 力 に 出 会 っ た と き の 心 得

先 ず 事 を 起 こ さ な い 心 構 え が 第 一 。 武 の 世 界 で は 、 目 を つ け ら れ た こ と が す で に 「 負 け 」 な の だ 。 目 を つ け ら れ る 条 件 「 隙 」 を な く す こ と を こ こ ろ が け よ 。

腕 力 を 使 う 前 に 、 先 ず 頭 を 使 え 。 言 葉 を 武 器 と し て 、 ま た 言 葉 を 「 技 」 と し て 使 う こ と を 覚 え よ 。 逃 げ れ ば す む と き は な る べ く 相 手 に な る な 。 逃 げ よ 。 逃 げ た と い う こ と は 、 負 け た と い う こ と で は な い 。 庇 護 を 要 す る 連 れ が い る と き の よ う な 、 逃 げ る わ け に い か な い 場 合 は 、 覚 悟 を き め て 立 ち 向 か え 。 た だ し 自 分 に 落 ち 度 は な く 、 非 は 相 手 側 に あ る こ と を 何 度 も 確 認 し 、ど こ え 出 て も 釈 明 の で き る「 道 理 」 や 「 法 律 ( 正 当 防 衛 、 緊 急 避 難 )」 を 背 に 戦 え 。 大 義 名 分 を 明 ら か に し て お け 。 事 の 推 移 、 事 情 、 状 況 を し っ か り 記 憶 し 、 ま た そ れ を 証 言 し て く れ る 証 人 を 考 え て お け 。

相 手 よ り 先 に 手 を 出 す な 。 逆 上 し て そ れ が 防 御 の 措 置 で あ る こ と を 忘 れ る な 。

相 手 が 素 手 の と き は 原 則 と し て 素 手 で 立 ち 向 か え 。 重 傷 を 与 え な い た め の 努 力 を 放 棄 す る な 。 な る べ く 関 節 技 や 軽 い 当 て 身 技 で 処 理 す る こ と を 考 え よ 。 師 、 親 へ の 事 後 報 告 を 忘 れ る な 。 相 手 を 負 傷 さ せ た と き は 見 舞 い に 行 け 。 修 復 出 来 る 関 係 な ら 修 復 し て お け 。