​「道場の作法122020年1月

​開祖が残された心得に「心身を鍛錬し至誠の人を作るを目的とし」とあります。どんな相手にも真心をもって接することの出来る人の事です。苦しい時も自己を律して真心を持ち続ける強さを持った人になる一生の修行、向上心を持って歩み続けましょう。

​「道場の作法132020年2月

​威(い)あって猛(たけ)からず、(威厳があってしかも内に情があり、猛々しくない)

掃除は「備え」と「威」にかかわる重要な練習の一環で、付帯作業ではありません。稽古の始めと終わりの掃除を徹底します。

​「道場の作法182020年10月

礼とは何でしょうか、古くは、飛鳥時代の17条の憲法第 4 条に 礼を以て本とせよ と 記載されています。「民を治める本質は礼である」。つまり上に礼が無い時には下は従わないし、下に礼が 無い時は必ず犯罪が起きる。上下に礼がある時には国家というのはおのずと治まるのだということです 礼法も心を整えるもの、残心とは無心が続き隙を作らぬこと、良き明日に向かって。

© 2020 by Aikido Syunsui Dojyo in Moegino Aoba-ku Yokohama & Miyamaedaira Miyamae-ku Kawasaki